ネットショッピング3大モール アマゾン・楽天市場・Yahoo!ショッピング

ネットショッピングと聞いてまっさきに連想するのはアマゾン楽天市場Yahoo!ショッピングでしょう。

アマゾンはアメリカ発の世界最大のショッピングサイトで知らない人はいないほど有名ですね。

書籍からはじまり、CDやゲームなどの販売に広がり、今では日用品や食品まで全ジャンルを網羅しており在庫も豊富です。

楽天市場は日本発のショッピングサイトでプロ野球の球団があるので名前は誰でも知っていますね。

全国のショップが出店しています。買い物で得た楽天スーパーポイントは通販以外に楽天グループのサービスで使うことができて便利。

Yahoo!ショッピングは日本最大のポータルサイトYahoo!が運営しているショッピングサイト。

どちらかというとオークションのヤフオクが有名ですが、近年では続々と加盟店が増えていています。

Tポイントが得られるさまざまキャンペーンがあり、Tポイントを積極的利用している人にオススメ。

 

 

それぞれタイプが異なるショッピングサイトですが、アマゾンが出品型で楽天市場とYahoo!ショッピングが出店型というタイプに分けることができます。

 

アマゾンは出品型。元々自社で巨大な商品倉庫を持っていて安定して売れる人気商品や賞味期限がない商品などはアマゾンの倉庫に在庫がある場合多いです。

そしてアマゾンで商品を売ることができるアマゾンマーケットプレイスというシステムがあり、アマゾンの倉庫に在庫がない商品でもマーケットプレイスに在庫があれば注文できます。

アマゾンにはASINという商品を個別に識別する独自の10桁のコードがあり、複数ショップがある商品を出品していてもASINで管理されているので一つのページにまとめられています。

つまりある商品を検索したときに同じ商品がズラーッと検索結果に並ぶようなことはなくスッキリしています。

ASINで管理されたページはアマゾンの一元管理なのでデザインも共通しているで視覚的にもゴチャつかずわかりやすです。

そして管理されたひとつのページ内でその商品を出品しているショップが提示している価格がわかるわけです。

アマゾン倉庫の在庫とマーケットプレイスで出品されている商品が一つのページでわかり、送料込みでの価格比較もできるので注文するときにわかりやすくて親切。

 

楽天市場とYahoo!ショッピングは出店型に分けられます。

自社に販売する商品在庫はありません。出店した店舗の集合体で成り立っています。

イオンモールなど実際のモールに近いと思えばわかりやすいです。商品を売るための場所を提供しているイメージ。

検索窓からある商品を検索すると同じ商品がズラッと並んで表示されます。

そこから安い順やレビューが多い順に並べ替えてどのショップから買うかを決めます。

もちろん決済は楽天市場やYahoo!ショッピングで行うので決済面で心配はありません。

各ショップはページデザインもそれぞれ独自に行っているのでアマゾンに比べたら視覚的にわかりづらい面があります。

 

日本のネットショッピングではこの3大モールが圧倒的なシェアを誇っています。

ネットショッピングをしている9割ほどのユーザーはこの3モールのうちいずれかで買い物をしているそうです。

個人的には商品検索がしやすくて洗練されているアマゾンを利用することが多いですが、そのときに楽天市場のほうがその商品を安く売っている場合は楽天市場で買うこともあります。

ネットショッピングをやるならこの3つのショッピングサイトは押さえておいたほうがいいでしょう。

 

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!